新着情報

catch行政書士事務所HOME >新着情報 >風俗・水商売ニュース

新着情報

「風俗・水商売ニュース 」 記事一覧

新宿区のガールズバーを無許可営業で逮捕

新宿区のガールズバーが無許可営業で逮捕されました。

ガールズバーに風俗営業許可が必要なのかどうかは難しい判断です。
風俗営業にある「接待行為」について警察庁の解釈は「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」とあります。簡単にいうとお客さんと一緒に飲んだりカラオケを楽しんだりする営業が風俗営業となります。

ガールズバーはカウンター越しで接客しているから風俗営業許可は必要ないとお考えの方もいますが、上記の警察庁の解釈からするとカウンター越しでも接待行為をしていれば風俗営業許可をとらなければいけません。

ただ警察も無許可営業だからといっていきなり逮捕するということはほとんどなく風俗営業許可をとるか接待行為をやめるか指導します。

今回逮捕されたお店は警察からの指導を聞かずに接待行為を続けたのではないでしょうか?


風俗営業許可.png

文京区湯島のガールズバーで未成年者を働かせたとして逮捕

東京都文京区湯島のガールズバーで18歳未満の少女ら5人を働かせていたとしてお店の経営者が逮捕されました。

18歳未満を雇うと厳罰に処せられます。
雇用の際は年齢確認できる公的な身分証明書で年齢確認をして雇用するようにしましょう。


深夜酒類提供飲食店営業.png

神田駅周辺で客引きをしたとしてキャバクラ店の店長を逮捕

万世橋警察署は神田駅周辺で従業員に客引きをさせたとしてキャバクラ店の店長が逮捕されました。

神田駅周辺や秋葉原では客引き行為が年々増加しており万世橋警察にはこの1年間で苦情の通報が1300件寄せられているとのこです。

客引き行為で逮捕されると営業停止になる可能性が非常に高くとてもリスクのある行為なので止めましょう。


風俗営業許可.png

大阪府警、学校風ピンサロを摘発

大阪府警は公然わいせつ容疑で大阪市内のピンサロを摘発し経営者や女性従業員ら計13人を摘発したとの事です。
この店では個室がありましたが入口に仕切りがなく性行為が丸見えだったようです。

ピンサロを許可する法律はありませんので性行為が見えない個室にすれば摘発されないというわけではありません。


風俗営業許可.png

インターネットで性行為をライブ中継

FC2のライブ配信サービスで、性行為の映像を配信したとして、京都府警は公然わいせつの疑いで男女2名を逮捕しました。
この容疑者らは、性行為中映像をインターネットで配信していたようです。

通常アダルトサイトを配信するには「映像送信型性風俗特殊営業」の届出が必要になりますがFC2を経由すると配信者は届出の必要がなく、ライブでリアリティが増すため、同様の犯罪が増えいているようです。


映像送信型性風俗特殊営業.png

風俗案内所の距離制限は違憲

京都市内で風俗案内所を経営していた男性が、保護対象施設から200m以内で案内所の営業を禁止している京都府条例の規定は違憲として、府を相手に営業件の確認を求めた訴訟の判決が出ました。

裁判長は「規定は府民の営業の自由を合理的裁量を超えて制限するもので違憲・無効」と判断し、公共施設から70m離れた場所での営業を認めました。

東京都の条例でも風俗案内所を規制していますが管轄警察署によって回答が違ったりするので曖昧なところもよくあります。

しかし、条例で規制されている以上、管轄警察署や本庁と確認しながら手続きを進めていきましょう。

店舗・無店舗型性風俗特殊営業.png


無許可営業していた韓国人クラブを風営法違反で摘発

無許可営業をしていたとして、大阪府警は大阪市内の韓国人クラブを摘発しました。

この店は、2月7日に風俗営業の申請をしていたようですが、許可を待てずに営業をしていて同14日から営業を開始して、3月13日に摘発されたとの事です。

許可が下りるのは申請から55日以内です。この店の場合、2月7日に申請したということは、5月4日が55日となりますが、5月4日は祝日ですので、遅くても5月2日には許可番号が出ることだったはずです。

営業を1日でも早くしたいという気持ちは分かりますが、逮捕されてはこれまで開業に費やした時間とお金が全てムダになります。

風俗営業許可の申請をすれば、許可番号があるかないかは警察は把握できるので営業していれば摘発されるのも当然でしょう。

 

風俗営業許可.png 


風営法違反容疑で女性を誤認逮捕

新潟県警は、今年10月下旬に新潟市内の店内の個室で男性客に性的なサービスをしたとして、店に出入りしていた女性を風営法違反(禁止区域営業)の疑いで任意で事情聴取。女性は否認していましたが、同日に逮捕したということです。

風俗業界で働いている方々の話を聞くと、「捜査をする警察官の態度はかなり威圧的だった」という声をよく耳にします。

風俗業界は犯罪の温床と決めつけて捜査をしているのかもしれませんが、真面目に法令を遵守して営業しているお店もたくさんあるので、慎重に捜査をしてほしいものです。

 

風俗営業許可.png


吉原最大級のソープランド経営者ら39人を売春防止法違反で摘発

吉原地区でソープランド8店舗を法人化し、違法営業したとして経営者ら39人が警視庁に売春防止法違反の疑いで逮捕されました。
容疑者らは、吉原地区のソープランド8店舗を管轄しやすいように法人化しましたが、法人化により、これまでの営業許可が無効になり違法営業になったという事です。

ナゼ営業許可が無効になったのかというと、この8店舗は、それぞれ営業届出を提出していたようですが、実質的な売り上げ管理は法人が管理し、各店舗の従業員の給与もこの法人から支払われていたようです。実質的な経営者と届出者が異なる場合、風営法の「名義貸し」となります。逮捕容疑は売春防止法違反ですが、吉原のソープランドが売春をしているのは「暗黙の了解」といっても過言ではありません。
ソープランドの場合、何らかの容疑で摘発されると暗黙の了解であるはずの売春が違法になります。現在、都内でソープランドの開業が認められているのは吉原地区(台東区千束)の一部です。これも吉原の歴史を考慮した特別待遇といえます。
歴史ある吉原の街の灯りを消さないためにも定められた法律は遵守しましょう。

店舗・無店舗型性風俗特殊営業.png

留学人ホステスを雇用。中国人クラブを摘発

留学生の中国人をホステスとして雇っていたとして、警視庁は入管難民法違反容疑などで、台東区上野の中国人クラブを摘発しました。

また、この店では、営業許可を他人の名義で取っていたとして風営法違反(無許可営業)でも書類送検する方針ということです。

学生ビザでホステスとして働くことは出来ません。ホステスとして働ける資格は、永住者・永住者の配偶者・日本人の配偶者・定住者・特別永住者です。

確かに、若い女性をホステスとして、雇うとなると法の一線を越えたくなるかもしれません。

ただ、一度法を犯して利益が上がってしまうと、違法営業を繰り返してしまいます。

法律を守って利益を上げているお店もたくさんありますので、違法営業はしないようにしましょう。

 

風俗営業許可.png


悩みの解決は相談から始まります。無料相談受付メールフォームはこちら

無料相談受付メールフォーム
許認可申請 お悩み解決Q&A 用語集 お客様の声
  • 慰謝料請求

catch行政書士事務所
〒110-0005
東京都台東区上野3-13-9 原田ビル402
TEL:03-5816-2588.
FAX:03-5816-2589

所在地マップ


【営業エリア】
東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県・群馬県